脳卒中医療

もやもや病 もやもや病とは?

もやもや病はわが国で最初に発見された疾患であり、小児の脳卒中の原因として代表的なものである。その疾患の本質はウィリス動脈輪の進行性の閉塞であり、もやもや血管はその代償するために発達した側副路をさす。

発生率は人口10万に対し1年間0.35~0.5人程度であり、男女比は1:1.8で女性に多く、好発年齢は10歳以下と40歳前後の2峰性のピークを有する。家族発症は全体の10%程度にみられ遺伝的関与が指摘されている。しかし、どのような遺伝子が問題かははっきりしていないし、遺伝する可能性に関しても、どの程度高いかは不明である。

発症形式は主に虚血型と出血型とにわかれ、小児例は一過性脳虚血発作や脳梗塞などの虚血症状がほとんどであるのに対し、成人例はほぼ半数が脳出血で発症する。

前のページへ戻る