脳卒中医療

頸部頸動脈狭窄症 治療方法

1)頸動脈内膜剥離術


図:CEAの皮膚切開

全身麻酔下に患側頸部を胸鎖乳突筋に沿って切開します。

その後は、総頸動脈、外頸動脈、内頸動脈を確保し血行遮断をして病変部の動脈切開を行います。血行遮断中は脳の血流を確保するために内シャントと呼ばれる器具を用いて脳の血流を確保する方法もあります。

顕微鏡下に内膜と中膜を丁寧に剥離して粥腫を摘出します。

粥腫摘出後は、血管壁を縫合します。そのまま糸で縫合して閉じる方法とパッチという人工血管を利用して切開部を拡張させて閉じる方法があります。

2)頸動脈ステント

大腿部からカテーテルを挿入して狭窄部に到達します。狭窄部の脳側にはステント拡張した時に血栓が脳に飛んでいかないようにする傘状のものや風船状のプロテクティブデバイスという器材で血栓を捕獲します。

狭窄部ではステントを拡張させ狭窄部の治療を行います。


図:頸動脈ステントのイラスト。狭窄部で網目状のステントが拡張して狭窄部を治療する。

前のページへ戻る