脳卒中医療

頸部頸動脈狭窄症 分類と重症度?

頸部頸動脈狭窄症の分類は、症候性か無症候性かという点とその狭窄度で分類します。症候性とは、頸部頸動脈狭窄症が原因で脳梗塞やTIA(一過性虚血発作)などを生じた場合をいい、無症候性とは、その狭窄による症状がないものを言います。血管の狭窄度のは、いくつかの方法がありますが、血管造影での狭窄度を30~49%までを軽度、50%~69%までを中等度、70%以上を高度と分類するものが一般的です。狭窄度の計算方法はいくつかありますが、NASCETという大規模臨床試験での測定法が一般的で広く用いられます。

前のページへ戻る