• 看護部
  • 臨床研修
最新の治療
  • TAVI
  • カテーテルアブレーション
  • ノバリスTx
  • ダヴィンチ手術
検診センター
人間ドック等の予約・お問い合わせ
  • 検診センター

検診はすべて予約制です。

予約受付時間 / 8:30~17:00 (月曜~金曜)

専門医療
  • がん医療
  • 循環器医療
  • 脳卒中医療
医療体制
  • 救急医療
  • 災害医療
  • 病院からのお知らせ
  • 病院指標
  • ホーム
  • 専門医療
  • > 脳卒中医療(頸部頸動脈狭窄症 代表的症状)

脳卒中医療(頸部頸動脈狭窄症 代表的症状)

塞栓性機序によるもの

頸部頸動脈狭窄症によりその狭窄部に血栓が生じて末梢の頭蓋内血管に血栓が飛んでいって血管を閉塞させます。多くの場合は意識障害、構音障害、片麻痺、知覚障害ときに失語症などを起こします。狭窄部分を粥腫(アテローム)と言いますが、粥腫内の血管の破綻が起きて、その中の成分が同じように飛んでいって同様の症状を起こすことも最近ではわかってきました。症状の中には24時間以内に症状が全く消失してしまうものもみられます。これを一過性虚血発作といいますが、脳梗塞の前兆として注意が必要です。また、塞栓(血栓)が眼の血管を閉塞させてしまうこともあります。この場合、片側の視力が高度に低下し急にものが見えなくなり時に眼の奥の痛みを訴えることもあります。これを一過性黒内障といって頸部頸動脈狭窄症には多い症状と言われています。

血行力学的機序によるもの

頸部頸動脈狭窄症により脳の血流量が減少し、上記と同様な症状や、立ちくらみ、揺れるようなめまい感などを訴えることもあります。

前のページへ戻る