教育

クリニカルラダー

香川県立病院では、看護師として専門知識や技術を段階的に身につけられるように計画し、人材育成目的にて、平成16年4月よりクリニカルラダーを導入しました。
クリニカルラダーは、キャリア開発の重要なツールとして、活用しています。看護職員合同研修と看護職員院内研修には、クリニカルラダー段階に応じた内容が組み込まれており、学習を効率的に行うことができます。また、部署の看護師長との面接により個々の課題が明確になり、各ラダーの到達目標を目指して学習を深めることができます。これにより、看護師一人ひとりが、クリニカルラダーを用いて、看護専門職者として社会のニーズに的確に応えることができるよう自己研鑽し、質の高い看護を提供することで、やりがいを感じることを目的としています。

クリニカルラダーとは

  • 看護者の看護実践能力(看護実践、看護管理、看護倫理、教育・研究)をラダー(梯子)のように設定したものであり、各段階において期待する能力が示され、到達度によって看護師の能力を評価するものです。
  • 看護スタッフと看護管理者はお互いに能力段階を確認しながら、自己研鑽や人材育成をめざします。

このような考え方を共通として、県立病院では看護者が個人の能力およびライフサイクルに応じて、組織の支援を受けながら、看護実践能力の向上を目指しています。

香川県立病院看護職員クリニカルラダーの指標

ラダーⅠ ラダーⅡ ラダーⅢ ラダーⅣ



1. 支援を受けながら、看護基本技術を実践できる。
2. 支援を受けながら夜勤業務を実施し、流れが理解できる。
3. 急変時に応援要請ができる。
4. 専門職業人としての自覚と責任ある行動がとれる。
1. 担当看護師の役割と責任を果たす
・患者の特有の事象と病態生理を関連付けて考えられる。
看護過程に沿った個別的ケアが実践できる。
2. チームリーダー・サブリーダーの役割が理解でき、メンバーシップが発揮できる。
3. 研修を看護実践に活かせる。
・課題を持ち研究的に取り組むことができる。
1. 部署における看護実践役割モデルとなれる。
2. 看護実践や業務改善においてリーダーシップが発揮できる。
3. 後輩および看護学生に対し指導的に関わることができる
4. 研究的視点で看護実践を深めることができる。



1. 部署の問題・課題を明確にして目標を示し、戦略的に取り組み、改善ができる。
2. スタッフへの教育・指導的役割がとれる。
3. 看護実践能力について、自己研鑽して深めることができる。
看護実践 情報収集 (1)指導を受けながら、基準に沿って情報収集ができる。 (1)患者の全体像をとらえることができる。
(2)収集した情報から必要なものをチームメンバーに伝達できる。
(1)信頼関係を確立し、情報収集できる。
(2)家族や社会問題について考察し、意図的に情報収集できる。
(3)他の医療チームメンバーからも情報収集できる。



(1)看護部の方針と目標から各部署が目指すべき目標を看護師長とともに考えることができる。
(2)部署の問題・課題を把握・分析し、解決に向けて戦略的な計画が立案できる。
(3)所属部署の目標達成のために、具体的行動計画を実践できる。
(4)目標達成に関しての自身の役割遂行状況と成果を客観的に評価できる。
(5)自己の責務を自覚し、自己の成長を図るための課題や目標を明確にできる。
問題の明確化 (1)指導を受けながら、看護問題をあげることができる。 (1)情報に基づいて、看護問題を明らかにできる。
(2)問題を看護チームメンバーに伝達できる。
(1)情報に基づいて、的確な看護問題が抽出することができる。
(2)潜在する問題や予測できる問題を把握し、対策を立てることができる。
(3)問題を医療チームメンバーに伝達できる。
計画立案 (1)指導者とともに、看護計画を立案することができる。 (1)患者のニードを踏まえた計画が立案できる。 (1)優先度を考慮して、看護問題に則した看護計画を立案することができる。
(2)社会資源を活用できる。
実践 (1)指導を受けながら、看護実践できる。
(2)指導を受けながら、客観的データーや身体上の変化を観察し報告できる。
(3)指導を受けながら、看護実践が正確に記録できる。
(1)計画に基づき正確にケアができる。
(2)未経験の看護技術を実施するとき、資料や人的資源を活用できる。
(3)支援を受けながら緊急事態に対応できる。
(1)熟練した看護技術を用いてケアができる。
(2)看護実践において役割モデルを遂行し、他のメンバーに指導できる。
(3)緊急事態を予測し対応でき、リーダーシップを発揮できる。
評価 (1)指導を受けながら、行った看護を正確に報告し、疑問点を明らかにすることができる。 (1)実施したケアについて妥当性を評価できる。
(2)患者のケアに対する反応を評価し記録できる。
(3)患者のケアの結果を的確に報告できる。
(1)看護過程について評価し、その結果を意識的にフィードバックできる。


(1)看護管理に関する必要な知識を身につけ効率的・効果的に管理できている(業務・人事・労務・患者看護・健康・施設・安全・時間・物品管理など)。
(2)自分の考えや意図を様々な場面で表現し、相手の理解・納得を得ることができる。
(3)スタッフの職場満足度向上のための職場環境に目を向けた改善や提案ができる。
(4)看護の質向上や円滑な業務を行うために関連部署(薬剤・検査・リハビリ・事務・栄養部門等)と改善のための調整や交渉ができる。
(5)事故防止に努めるとともに、その予防対策が立案できる。

(1)指導を受けながら、病院、看護部の理念を理解し、組織の一員としての自覚をもつことができる。
(2)指導を受けながら、部署の目標を知り、その達成のための活動に参加することができる。 
(3)指導をうけながら、看護部のシステム・ルールが理解できる。
(4)指導を受けながら、緊急・災害時対策、事故防止対策、感染防止対策を理解し、指導に沿って行動できる。 
(5)指導を受けながら、社会人としての基本的な態度を身につけることができる。
(1)部署の環境・物品に気を配り看護管理上の問題について考えることができる。
(2)部署の委員会活動に参加し、活動できる。
(3)チームリーダー・サブリーダーの役割が理解できる。
(4)緊急・災害時に適切に対処できる。
(1)部署の目標達成のための活動を推進し、達成度の評価に参加できる。 
(2)部署の業務改善に創造的な意見を述べることができる。
(3)リーダーの機能と役割を発揮できる。
(4)緊急・災害時に適切に対処でき、指導できる。



(1)患者の人権を尊重した行動がとれる。 (1)臨床場面での倫理的問題に直面した場合、その問題をどうすべきか、自分の考えを述べ判断し、実践することができる。 (1)倫理的問題の対応について、問題分析・整理ができるとともに教育的役割を果たすことができる。


(1)医療の提供・看護場面において生じる倫理的課題に対して解決に向けた行動がとれる。




(1)目的意識を持ち、研修に参加できる。 (1)参加した研修の内容を同僚に伝達できる。
(2)実地指導者の役割ができる。
(3)看護技術の習得・看護計画の展開など学生を援助することができる。
(4)看護研究に取組むことができる。
(1)専門知識を活用し、部署のスタッフの教育指導ができる。
(2)部署教育プログラムに積極的に参加し、指導者としての役割がとれる。
(3)看護実践に関して学生の指導ができる。
(4)日常の看護実践に対して問題意識をもち、研究的視点で取り組むことができる。




(1)患者個々の状態におい自他適切な看護が実践できるように、スタッフのレベルに応じた指導・育成ができる。
(2)医療チームとして質の確保・質の保証に向けた看護が実践できる。
(3)カンファレンスや患者情報を効果的に活用し、個別性・継続性のある看護実践をスタッフに指導できる。
(4)スタッフのキャリア開発実現に向けた教育・指導の支援ができる。
(5)看護管理(患者ケア・部署運営・他部門との連携)に関して、スタッフに適切な指導ができる。

前のページへ戻る