教育

香川県立中央病院の教育体制

中央病院の教育目標

  1. 考える力を鍛え、答えを見出す力を養う
  2. 良い経験を積み重ね、意志決定できる能力を育成する

中央病院の教育体制

新任看護師教育

  1. 1)集合研修 県立合同研修と中央病院研修があります。全体の目標は看護業務を遂行する上で必要な知識と行動を理解し、看護観を高めることができることです。
    各分野の基礎知識習得のための講義、ACLS・リハビリテーションなどの実技演習、グループワークで共に考える研修を企画しています。
    毎月1回程度、同期と会って成長を確かめ合いながら学習する機会です。
  2. 2)OJT 配属された部署の教育体制は屋根瓦方式をとり、新任看護師と先輩看護師でペア体制をとり、OJTを進めます。
    直接、先輩看護師の知識、技術を見て、聞いて、見守りの中で実践を始めることができます。
  3. 3)新任看護師支援 プリセプターシップをとっているので気軽に相談できます。
    看護部教育担当によって面接とOJTの確認と支援を行っています。

現任教育

  1. 1)ラダー別の集合研修 ラダー別に成長に合わせた研修を企画しています。
  2. 2)部署別研修 各部署の専門分野に必要な知識を得る目的で、部署で企画運営しています。
  3. 3)「今さら聞けない、今知りたい」集合研修 酸素投与やバイタルサイン測定など日常行われているケアの意義を知り、スキルアップにつなげます。ベテラン看護師も経験の浅い看護師も共に学べます。
  4. 4)役割研修(新任看護師長・新任副看護師長・実地指導者) 求められる役割を知り、責任を果たせるようにします。
  5. 5)トピックス研修 リフレクション、看護記録など興味のある事柄を深めることができます。
  6. 6)看護アシスタント研修 看護アシスタントの役割を知り、医療安全や感染対策など医療現場で安全に働くための基礎知識を身につけます。また、患者さんの日常生活援助の実技演習を行い、業務に活かす事ができます。

前のページへ戻る