• 看護部
  • 臨床研修
最新の治療
  • TAVI
  • カテーテルアブレーション
  • ノバリスTx
  • ダヴィンチ手術
検診センター
人間ドック等の予約・お問い合わせ
  • 検診センター

検診はすべて予約制です。

予約受付時間 / 8:30~17:00 (月曜~金曜)

専門医療
  • がん医療
  • 循環器医療
  • 脳卒中医療
医療体制
  • 救急医療
  • 災害医療
  • 病院からのお知らせ
  • 病院指標
  • ホーム
  • > 緩和ケアについて

緩和ケアについて

緩和ケアとは

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。(日本緩和医療学会作成のパンフレットより)
当院では主にがん治療を行っている方を対象としています。
緩和ケアは、がんに対する治療と並行して、病気が診断されたときから終末期に至るまで、担当医や担当部署の看護師、緩和ケアについて専門的な知識や技術がある専門・認定看護師、緩和ケア内科医師、その他多くの職種が、必要に応じて行うものです。
緩和ケアについて話を聞きたい、緩和ケアを受けたいと思ったときには、担当医や看護師にご相談ください。
専門的緩和ケアを提供するために、緩和ケア内科医師による緩和ケア外来、院内緩和支援チームがあります。

緩和ケア外来について

緩和ケア内科が新設され、緩和ケア外来が充実いたしました。
しかし緩和ケアは上記のようにがん治療の一環として行われるものですので、当院での緩和ケアは当院でがんに対する治療を受けている方へ提供する事が最優先されます。
体制が整うまでは、当緩和ケア外来は当院でがん治療を行っている患者様への対応のみに限らせていただきます。

受診を希望される方へ

緩和ケア外来の受診には主治医からの紹介が必要です。
受診を希望される方は主治医にご相談ください。
外来日:緩和ケア内科のページをご覧ください。

かんわ支援チームについて

チームの紹介

かんわ支援チームは体と心のつらさなどの治療のほか、患者さんの社会生活や家族を含めたサポートを行うために、医師・看護師・薬剤師・作業療法士・栄養士・臨床心理士・医療ソーシャルワーカー(MSW)などがチームとなって対応していきます。担当医や病棟の看護師に加えて、多職種によるかんわ支援チームの診療を受けることができます。かんわ支援チームの診療を受けることによって担当医が変わることはありません。かんわ支援チームの診療は、担当医から勧められることもありますが、患者さんや家族から希望することもできます。つらい症状が続いている場合には、我慢しないで緩和ケアを受けましょう。

チーム医療と緩和ケアチームのメンバー

チームメンバーの紹介

チームメンバー集合画像

医師
医師はかんわ支援チームの一員として、豊かな経験を活かして、病気の進行具合や患者さんの希望に応じて、ご本人とご家族と相談しながら苦痛を取り除くための適切なアドバイスや治療を行います。がんと診断されてから出現する様々な症状に柔軟に対応することで、生活の質が向上するよう治療を提供します。
当院では身体症状緩和担当医(緩和ケア内科医師)、精神症状緩和担当医師(精神科医師:非常勤)、歯科医師(口腔ケア担当)がチームで活動しており、より専門的な緩和治療が可能となっています。
看護師
チームメンバーと協力し、がん患者さんやご家族の抱える痛みや辛さを和らげるお手伝いをします。
不安な気持ちや体の辛さを抱えていらっしゃる患者さんやご家族の相談に応じ、その人らしく過ごしていただくためのお手伝いをします。
薬剤師
がんや緩和ケアを専門とした薬剤師が担当します。
患者さんやご家族に、薬物療法の説明・指導や薬剤の効果と副作用などのモニタリング、相互作用を含めた薬剤の適性使用の確認を行います。また医療者に対して、痛みをはじめとした不快な症状を軽減し、より快適な生活を目指した薬物療法の提案や専門的なアドバイスをします。
リハビリテーション
治療による様々な後遺症や副作用、活動力の低下や痛みなどによる様々な機能障害、生活の質の低下の予防・状態改善を目標に、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、患者さんが自分らしく生きるためのお手伝いをします。生活する力の低下をできるだけ防ぎ、心身のストレスの軽減を図ります。
管理栄養士
栄養状態を把握し、栄養や食事のケアを行います。
何らかの理由で食事が食べられなくなっているときには、患者さんとご家族の声を聴きながら、嗜好に合わせた食品を選んで、食事をおいしく食べるお手伝いをします。
ご希望があれば、化学療法を行っている方を対象とした化学療法者食(オリーブ食)を提供します。
臨床心理士
患者さんやご家族の心のケアを担当します。
病気に圧倒されて、不安やストレス、恐怖心や怒りなどを感じやすくなると思います。様々な理由で身近な人に相談しにくい場合などは、ぜひ臨床心理士に話してください。患者さんやご家族の話にゆっくり耳を傾け、一緒に解決方法を考えていきます。
医療ソーシャルワーカー(MSW)
生活面や医療費など経済面での問題についてご相談を受けたり、社会的サービスや在宅医療を受けるための支援を行います。

緩和支援チーム介入症例数

■2014/1/1~2014/12/31

疾患群 症例数
合計 112
直腸がん 16
胃癌 15
肺癌 11
頭頸部がん 11
肝・胆道系がん 11
膵臓がん 9
食道がん 7
結腸癌 7
婦人科系がん 5
原発不明がん 4
血液悪性疾患 4
泌尿器系がん 3
乳がん 2
脳腫瘍 1
その他 6

緩和ケアを受けるためには

緩和ケアは、がんの治療中かどうかや、入院・外来、在宅療養などの場を問わず、いずれの状況でも受けることができるようになってきています。

<外来通院中の場合>
主治医の先生に緩和ケア外来を受診したいということを伝えてください。主治医の先生が緩和ケア外来の受診予約を取ってくれます。受診予約日に緩和ケア外来へお越しください。
<入院中の場合>

主治医の先生、もしくは看護師にかんわ支援チームのサポートを得たい旨をお伝えください。
主治医の先生からかんわ支援チームに連絡が入り、お伺いさせていただきます。
かんわ支援チームの訪問日は毎週火曜日と木曜日です。

かんわ支援チーム

リンク

前のページへ戻る