香川県立中央病院

検索

第1回 香川県立中央病院 院内ICLSコース(初期研修医向け)を開催しました。

平成31413日(土)に 今年度採用の当院初期研修医を対象とした日本救急医学会認定 ICLSコースを開催しました。

ICLS」とは「Immediate Cardiac Life Support」の頭文字を取った略語で、患者さんが心停止になりそうな時、なった時にどのように対処すべきかを実践的に学ぶことができる蘇生トレーニングコースです。

これまでも看護師をはじめとする院内スタッフ向けのICLSコースを開催していましたが、初期研修医向けコースの開催は今回が初めてでした。

このコースの目的は、毎年4月の第3週から開始する初期研修医の救急部研修を少しでもスムーズに、そして自信を持って取り組めるようにすることです。

講義はほとんどなく、実技実習を中心としたコースで、受講生12名は6名ずつの2グループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけました。

すべての受講生が1日で大きく成長し、ICLS修了証を手にしました。受講生のなかには「今後は教える側として参加したい」という先生もいて、今後の更なる活躍が楽しみです。


 


 



前のページへ戻る

専門医療
医療体制
  • 検診センター
  • 人間ドック等の予約・お問い合わせ