診療科・部門紹介

リンパ浮腫外来

診療内容

乳がん・子宮がん・卵巣がん・前立腺がんなどの治療でリンパ節を切除したり、放射線療法が引き金となって、リンパ浮腫を発症することがあります。リンパ浮腫の基本となる治療方法は「複合的理学療法」で(1)スキンケア(2)医療徒手リンパドレナージ(3)圧迫療法(4)排液を促す運動療法(圧迫した状態で行います)の4本柱を中心に、患者さんの個々の状態に応じて組み合わせて進めていきます。

また、平成25年4月からは当院形成外科でリンパ浮腫の手術もできるようになりました。

実績

平成22年6月に開設し、完全予約制で行っています。

リンパ浮腫外来受診患者数

原疾患

活動内容

スタッフ紹介

前のページへ戻る