診療科・部門紹介

診療情報管理室

業務内容

病院では、患者さんの診療記録(いわゆるカルテ)を一定期間保存することが義務づけられています。診療情報管理室の業務は、これらのカルテを管理することですが、単なる保管ではなく、そこに含まれる貴重なデータを患者さんの治療や病院経営に“活かす”ことができるよう、情報の利活用を支援し、チーム医療を側面から支えることです。こうした業務を担っているのが「診療情報管理士」です。

診療情報管理士(Health Information Manager)とは、ライブラリーとしての診療録を高い精度で機能させ、そこに含まれるデータや情報を加工、分析、編集し活用することにより医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する専門職で、四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)及び医療研修推進財団が認定する専門資格です。

当院では、診療情報管理室長の下、診療情報管理担当4名、DPC/PDPS担当4名、がん登録担当2名の診療情報管理士が業務を行っています。

実績

退院された患者さんの診療録(カルテ)から、今後の医療に役立つ情報を集計し、1971(昭和46)年より、1回/年【退院患者統計】を発刊しています。これらの情報は、プライバシーは完全に守られており、よりよい医療の提供ができる重要な病院の財産となっています。

過去5年間の退院患者数推移

過去5年間の平均在院日数推移

スタッフ紹介

前のページへ戻る