診療科・部門紹介

診療内容(乳腺センター)

質の高い検査と診断

マンモグラフィと乳房超音波検査を併用して検査・診断を行っています。マンモグラフィと乳房超音波検査は、見つけやすい病変の種類が異なっており、どちらかでしか発見できない乳がんもあります。両方を行う事で、より正確な診断が可能となります。
マンモグラフィは、断層撮影が可能なトモシンセシス機能を有した最新の装置を導入しており、日本乳がん検診精度管理中央機構(精中機構)認定の女性診療放射線技師が撮影し、精中機構マンモグラフィ読影A認定の医師が診断します。
乳房超音波検査は、精中機構超音波検査実施・判定A認定の医師が行い、診断します。
マンモグラフィや超音波検査の画像は、診察室内のモニタで見ていただくことが可能です。
病変が見つかった場合、超音波で病変を見ながらの穿刺吸引細胞診、針生検、吸引式組織生検やマンモグラフィで病変を見ながらの吸引式組織生検を、病変に適した方法で、専門医が施行します。
また、必要に応じて乳房造影MRI検査も行っており、専門医が診断しています。
これらを総合的に判断し、病変の有無および良悪の鑑別や今後の検査方針の決定、乳がんの広がりについて、質の高い診断を行っています。

最新装置による画像診断

乳房X線撮影(マンモグラフィ)装置画像

<乳房X線撮影(マンモグラフィ)装置>
乳房専用のX線撮影装置です。乳房を引き出して板の間に挟み、圧迫し薄く伸ばして乳房全体を撮影します。
当院では、最新のデジタルマンモグラフィ装置を2台導入しています。
1台は、断層撮影が可能なトモシンセシス機能を有しています。断層画像で乳房の断面を観察することができ、従来の装置では、乳腺構造の重なりのために発見が難しかった小さな病変が見つけやすくなっています。また、重なりのために正常と病変の区別が難しかった部に、異常がないことも確認しやすくなり、不要な心配を減らすことができます。
1台は、ステレオガイド下吸引式組織生検(マンモトーム生検)に対応した装置で、マンモグラフィを撮影しながら位置を決め、組織の採取をすることができます。マンモグラフィでは石灰化を認めるが、エコーでは異常が見えない早期の乳がんの正確な診断が可能となります。

<超音波検査(エコー)装置>
乳房にゼリーを塗って超音波をあてて、内部からの反射波を画像にして、病変の有無を調べます。
病変部の血流を評価できるドプラ機能や、硬さを色で表示することのできるエラストグラフィの機能を搭載した、高機能超音波検査診断装置を導入しており、詳しい診断に役立てています。

<MRI装置>
乳房のMRI検査は、病変を見つけやすくする造影剤を注射して行います。腹臥位で撮影します。
MRI検査は乳がんを検出する能力が高く、治療前に、がんの大きさやがんがどの程度広がっているのかを詳しく調べて、適切な治療につなげることができます。また病変の診断が難しい場合に、乳がんかそうでないかの判断に使用することもあります。
最新の高磁場の3テスラのMRI装置を導入しており、より正確な乳がんの拡がり診断に役立てています。

吸引式組織生検(マンモトーム生検)

マンモグラフィやエコーを見ながら、太い針を挿入し、陰圧を負荷して組織を吸引・切離して採取する検査です。
低侵襲で、穿刺吸引細胞診や針生検と比較して、多量の組織を採取することができ、より確実な組織診断が可能です。エコーを見ながら行う場合の他、エコーでははっきりとわからず、マンモグラフィでしか見えない石灰化病変に対しては、マンモグラフィで位置を決め、吸引式組織生検装置で組織を採取しています。

前のページへ戻る