診療科・部門紹介

腎センター

診療内容

腎代替療法には、大きく血液透析・腹膜透析・腎移植の3つの治療があります。
それぞれ特徴があり、その特徴をよく理解し、病状や生活スタイルにあった治療を主治医と相談の上で選択することが重要なポイントとなります。
腎センターでは、血液透析導入/維持、腹膜透析導入/維持、在宅血液透析導入/維持、SMAP外来、腎臓病教室、腎移植登録などを行っています。
医師3名、看護師7名、臨床工学技士4名の計14名で構成されています。

腎センターへのメール

実績

透析療法は長くつき合う治療法で生活と大きく関わってきます。そのため当院では、ご本人およびご家族のライフスタイルあった治療法を選択出来るをこと目指しています。腎代替療法に関して、すべての治療法が選択できる体制を整えています。

腎代替療法の実績

スタッフ紹介

前のページへ戻る