診療科・部門紹介

診療内容(救急部・救命救急センター)

外傷

CT・MRI検査などの各種画像検査や、状況に合わせ各専門家医による迅速な止血、手術療法、集中治療を行っています。また、口腔外科、眼科、耳鼻科領域の合併損傷に対しても、24時間体制で専門的治療を行っています。

主な外傷症例

・交通事故
・転落、転倒
・労災事故
・スポーツ外傷 等

CPA(心肺停止状態)

心肺停止(CPA)は年間200名近く受け入れており、経皮的心肺補助法(PCPS)を用いた心肺脳蘇生や、蘇生後の脳障害予防を目的と した脳低温療法などの高度救命医療も積極的に行っております。

主なCPAの一例

・心疾患
・交通事故
・脳血管障害
・溺水
・その他急病

脳血管障害

脳神経外科の積極的な協力のもと、脳神経外科専門医によって迅速な投薬・手術(クリッピング術など)が実施される体制で対応しています。

主な脳血管障害の一例

・脳卒中
・くも膜下出血
・脳梗塞

急性冠症候群

循環器専門医による経皮的冠動脈形成術をはじめ、各種補助循環装置を用いた集中治療を行っています。特にここ数年は、入院患者が急増しています。

主な急性冠症候群の一例

・急性心筋梗塞
・心不全

前のページへ戻る