診療科・部門紹介

医療安全管理室

業務内容

医療安全管理室では、患者さんの安全を最優先に考えた医療を提供するため、病院や職員個人が医療安全の重要性を認識し、医療の質を向上させるための業務を行っています。

ヒヤッとしたハッとした事例を職員から報告してもらい、それらを分析し、原因を明らかにして対策を考え、提案するよう努めています。

また、安全な医療の遂行を徹底するためには、患者の皆様の御協力が必要です。職員とともに、お名前や治療内容の確認などに御協力いただきますようお願いします。

実績

医療安全のための院内体制を敷くとともに、各部門に設置されたセーフティマネージャーは、より現場サイドで医療事故防止のために活動しています。また、当院は「医療安全全国共同行動」に参加し、「危険薬の誤投与防止」「経鼻栄養チューブ挿入時の位置確認の徹底」「輸液ポンプ・シリンジポンプの安全管理」「人工呼吸器の安全管理」「急変時の迅速対応」「周術期肺塞栓症の防止」「患者・市民の医療参加」といった行動目標について重点的に取り組んでいます。

スタッフ紹介

前のページへ戻る