診療科・部門紹介

地域連携室

地域連携室では次の業務を行っています。

転院・退院調整

入院後、早期より主治医及び病棟看護師をはじめ多職種と連携をとり退院支援に関わっております。 患者さん・ご家族の要望をお聞きし、連携先病院、施設の情報提供をしながら退院・転院相談に応じております。 また、大腿骨頸部骨折及び脳卒中をはじめとして、 大腸・肺・肝臓の地域連携クリニカルパスを活用し地域の医療機関とスムーズな連携を図っています。

在宅医療療養支援

患者さん・ご家族との面談で在宅への意向をお聞きし退院後の生活における問題点を明確にしていきます。 さらに患者の病状・日常生活動作状況を含めて経過を観察しながら主治医・病棟看護師を はじめ多職種と退院に向けて具体的な支援について話し合ってすすめていきます。 必要に応じて訪問医、訪問看護師、ケアマネージャー等、地域のサービス担当者参加の合同カンファレンスを開催し、 退院に向けての方向性や社会資源の調整に繋げていきます。

がん相談支援センター

相談員として臨床心理士の他に看護師、保健師、医療ソーシャルワーカーがご相談に応じています。 各専門職としてそれぞれが体得したものを皆様に提供し、 共に考え少しでも解決のお手伝いができればと考えております。 どうぞ、お気軽にご相談ください。

利用案内
場所 地域連携室
対応日時 月~金曜日(祝祭日を除く)8時30分~17時
相談方法 面談
電話:087-811-3333(内線2203)
予約は不要です
料金 無料

社会保障制度の説明

特定疾病、特定疾患、小児慢性疾患、養育医療、更生医療、身体障害者手帳、精神手帳、 結核予防法、高額療養費現物給付、介護保険、継続看護、 生活保護等の申請に関して解りやすく説明をしております。 また、福祉事務所、子供女性センターとの連携を図り、相談内容に応じて対応しております。

地域医療連携(病診・病病連携)

地域医療情報ネットワーク

医療セミナー、広報誌「れんけい」などを通じて地域医療機関の先生方との交流や、 情報の提供機会を増やし、医師間のつながりを深めていくことで、スムーズな医療連携を目指しています。

他の医療機関への診療支援

1. 遠隔医療ネットワーク(K-MIX)を使った放射線画像読影
香川県医師会が事務局となっているK-MIXを使っての放射線画像読影がリニューアルされました。 (平成28年5月9日から運用開始)
各医療機関からK-MIXを使って読影依頼があれば、当院の放射線科医師が読影を行い、 K-MIXを介して読影レポートをお返しします。
利用するには、香川県医師会への登録及び読影に関する当院との契約が必要です。 対象となるのはMR及びCTの画像のみであり、1件3,000円(税込)となっています。
なお、香川県医師会との契約に基づき月間120件を上限としておりますので、ご理解ください。

医療情報の収集・提供

1. 医療セミナー
当院では、地域のかかりつけ医の先生方を対象とした、医療セミナーを開催しています。日程等は随時お知らせいたします。

医療セミナー

2. 広報誌「れんけい」
地域医療機関の皆様との連携を緊密なものとするため、広報誌「れんけい」を 通じ当院の医療情報等を地域医療機関の皆様にお知らせしています。

広報誌「れんけい」

その他地域医療に関すること

公開健康講座

県民の皆様の、医療や健康についての関心の高まりに応えるため、平成10年2月から開催しています。
講師は、当院の医師が中心であり、看護師、薬剤師、管理栄養士等が説明する場合もあります。 開催の都度、広報誌「れんけい」及びホームページへの掲載、院内の案内掲示を行っています。

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

肝炎相談支援センター

前のページへ戻る