診療科・部門紹介

診療内容(放射線部)

最新のCTが、平成31年1月7日から稼働しています。

最新のマルチスライスCTを導入し、平成31年1月7日から稼働しています。

香川県立中央病院では、このたび最新のマルチスライスCTを導入し、平成31年1月7日から稼働しました。
当院では、「がん、心疾患、脳血管疾患など高度医療、先進的な医療を重点的に取り組み、 全国トップレベルの医療を提供する。」というビジョンのもと、質の高い医療をめざしています。
今回導入した最新のCTでは、1回転で16cmの範囲を撮影することができます。 これにより、頭部、心臓、小児の領域で効果が期待されます。
息止め時間も短くなり、動きが早い心臓や止まるのが困難な小児においても、とても有効になります。

  • ・全身ヘリカルアーチファクトゼロの高画質スキャン
  • ・心臓CT全検査1心拍高画質検査の実現
  • ・小児、成人全頭部高速高画質救急1回転撮影の実現
  • ・160mmカバレージCT値均一性による臓器Perfusion/4D検査

また、Dual Energy専用の低ノイズ画像再構成により、高画質化を実現し、 ノイズの影響が懸念される低keV画像や各種密度画像の画質向上により、性状評価等新たなCTの可能性を広げています。

画像左から 120kV相当、45 keV、Iodine color overlay on 45 keV

画像左から 70 keV、脂肪密度画像

また、さまざまな金属アーチファクト低減が可能です。

また、完全逐次近似法Veo/MBIRから、X線物理モデルを従来の逐次近似再構成ASiRに投入し、 さらなる高解像低被ばく、高速画像計算を達成しています。

  • ・最大82%低被ばく
  • ・ローコントラスト検出能135%アップ
  • ・画像ノイズ91%低減
  • ・高分解能関数実用性向上
  • ・ストリークアーチファクト低減

多様な心臓CT検査を1心拍で高解像撮影できます。

  • ・高心拍、不整脈、息止め困難でも心臓CTを可能に
  • ・どのような心臓状態でも1心拍撮影で高解像確信診断
  • ・高分解能撮影による細径Stent再狭窄診断
  • ・拍動下冠動脈形態診断(Beating4D)で効果的な治療戦略
  • ・心臓CT検査の拡大(適応患者さん拡大&検査処理時間短縮)
  • ・自由呼吸下撮影(バルサルバ反射変動を避ける)の可能性

前のページへ戻る