診療科・部門紹介

麻酔科

診療内容

麻酔科では手術中の麻酔のみならず、集中治療室(ICU)における手術後の管理、院内外から搬送されてくる重症な患者さんの集中治療を担当しています。新病院への移転にともない、手術室の設備も新しくなり、より高度な医療に対応しやすくなりました。ひとりひとりの患者さんの状態を注意深く見守り、疼痛管理、呼吸循環管理、輸液管理をはじめとした医療介入を適切に行うことで、周術期を安全かつ安楽に過ごせるように活動しています。

実績

当科では年間5000件を超える手術症例があり、麻酔科管理症例は3000件を超えています。
麻酔方法は患者さんの状態に合わせ各種行っており、麻薬を使用した全身麻酔が主体です。
近年、麻酔関連の重大事故は起こっていません。
集中治療室では年間600人以上の患者さんを治療しています。
術後重症患者、心不全、呼吸不全、外傷等が主なものです。

詳しくは以下をご覧ください。

麻酔方法別麻酔科管理手術症例数

ICU入室状況

スタッフ紹介

前のページへ戻る