診療科・部門紹介

神経内科

診療内容

神経内科は脳・脊髄・末梢神経に生じる病気をあつかう内科です。頭痛、手足のシビレ、麻痺、言葉がしゃべりにくい、歩きにくい、ものが二重に見える、ふるえ・けいれんなどの症状がある患者さんを診察しています。

神経内科の対象疾患としては
◎脳血管障害:脳梗塞、一過性脳虚血発作など
◎神経変性疾患:筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、パーキンソン病、など
◎神経免疫疾患:ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、多発性硬化症、脊髄炎、自己免疫疾患など
◎筋疾患:筋炎、筋ジストロフィーなど
◎機能性疾患:頭痛、神経痛、てんかん、顔面痙攣や眼瞼痙攣、失神など
◎認知症:アルツハイマー病、レビー小体病、前頭側頭葉型認知症など

と非常に幅広いものです。診断が難しい病気や未知の病気もまだまだたくさん残されている分野です。どのような病気でも、まずは正しい診断が必要です。神経内科では問診・診察に加え、MRI装置、脳波、筋電図検査・脳血流シンチグラフィーなどの各種核医学検査、頚動脈エコー検査など充実した検査機器を揃えた専門病院としての特色を生かした診療を行い、できる限り正確な診断にたどりつくことを目指しています。

神経内科の診察では、病歴聴取と神経学的診察が重要です。神経内科医は、問診や診察から、病気の原因が脳にあるのか脊髄にあるのか、末梢神経にあるのか筋肉にあるのか?を特定し、それによってどこの部位を検査すれば原因が見つかるかを考えてから検査を行います。

神経内科を受診する方法
初診の患者さんは水曜日を除く平日午前11時までの受付です。できるだけ予約をとって受診していただくことをお勧めします。*当科にかかったことのない患者さんでも、かかりつけの医療機関からの紹介で予約を取ることができます。詳しくはかかりつけの医療機関にお問い合わせ下さい。

*脳卒中や髄膜炎・脳炎など緊急性の高い疾患が疑われる場合はその限りではありませんので、神経内科までお問い合わせ下さい。

アルツハイマー治験のお知らせ

当院では、軽度アルツハイマー型認知症患者さんを対象にした治験を実施します。

詳細はこちら [PDF]

治験に関するお問い合わせは神経内科外来まで(午前中は電話が混み合いますので、治験に関するお問い合わせの電話は午後2時~5時までの間にお願いします。)

診療予定表

午前

森本 展年

交代診療
森本 展年

高宮 資宣
森本 みずき(予約)

交代診療(予約)
森本 展年

森本 みずき
高宮 資宣

交代診療(予約)

午後

森本 展年

交代診療
森本 展年

高宮 資宣
森本 みずき(予約)

予約検査
森本 展年

予約検査
高宮 資宣

交代診療(予約)

※医師が学会等出張の場合、休診となることがあります。

○受付時間は午前8時15分~午前11時
(再来受付機 予約診療:午前8時15分~午後4時 予約外診療:午前8時15分~午前11時)

スタッフ紹介

前のページへ戻る