診療科・部門紹介

診療内容(循環器内科)

虚血性心疾患

虚血性心疾患の中で代表的な病名として、狭心症心筋梗塞があります。

狭心症とは?

心臓へ行っている冠動脈が狭くなり、十分な酸素や栄養が運ばれない状態です。

<症 状>

  1. 胸の痛み (胸の真中あたりを締めつけるような痛み)
    ※運動時におこり、休むと楽になる
    ※時にあごや奥歯が浮くような症状で、肩から腕の痛みを伴うことがある
  2. 息苦しさ
  3. 心悸亢進(動悸:心臓がドキドキする)
  4. 運動能力の低下
    重症化 → 心不全、不安定狭心症 (安静時にも発作)

心筋梗塞とは?

冠動脈が血栓などでつまり、心臓の筋肉が壊死した(腐った)状態です。

<症 状>

  1. 激しい胸の痛み
  2. 重症例では不整脈 ~ 心停止心破裂

狭心症や心筋梗塞の症状

  1. 持続する胸部中央の不快な圧迫感
  2. 肩や頸部、前腕、下顎に放散する疼痛
  3. 背部や両側肩甲骨のあいだの疼痛
  4. 頭のふらつき、失神、発汗、嘔気嘔吐
  5. 呼吸困難を伴う胸部不快感
  6. 全体的な苦痛

前のページへ戻る