「ロボット支援手術」特設サイト

ダヴィンチについて ~WHAT’S  DAVINCI ?~

ダヴィンチとはロボットですが、自動的に手術をするものではありません。トレーニングを受けた医師がロボットアームを使用し、責任を持って執刀に当たります。

写真:内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」
  • 見える!

    鮮明な3D画像と拡大視野により、より正確な手術が可能となります。

    写真:鮮明な3D画像
  • 動く!

    従来の手作業では不可能であった精緻な動きや可動性が得られ、より精密な手術が可能となります。

    写真:精密な操作が可能
  • 優しい!

    最先端の技術により、患者さんの体に負担の少ない手術が可能となります。また長時間手術時の医師負担の軽減が期待されます。

    写真:手ぶれがなく正確

当院導入機器について ~INTRODUCE DAVINCI~

ロボット機器は3つのパートから構成されます。術者の “ 手 ” である4本のアーム、術者の “ 頭脳 ” にあたるコンソール(術者の操縦席に当たります)および  “ 目 ” にあたるカメラ機器がそれに当たるといえます。それぞれが神経のようなケーブルで繋がっており、あたかも術者の体の一部のように操ることで患部を切除し、器官の再建・修復を行います。

当院では基本理念である「安全・安心」の観点から、従来手術の確実な導入から高度な手技への応用が期待できるデュアルコンソールを採用しました。
2台のコンソールで2人の術者が同じ視野を共有することで、より安全な手術が期待できます。
また複数のアームをそれぞれ独立したコンソールで操ることが可能となるため、協調作業が必要な高度手術への応用が期待できます。

チーム・ダヴィンチ ~TEAM  DAVINCI~

香川県立中央病院では、医療に関わる高い専門的スキルをもった医療スタッフが、目的や情報を共有し、緊密に連携・補完しあいながら、患者さんの状況に応じて、的確かつ安全な医療をご提供できるよう、チーム一丸となって取り組んでいます。

  • 手術サポート看護師
    朝倉 理香
    手術部 看護師

  • 麻酔担当医師
    中村 仁
    麻酔科

  • 呼吸器外科担当
    コンソール執刀医師
    三竿 貴彦
    呼吸器外科 部長

  • 泌尿器科担当
    コンソール執刀医師
    黒瀬 恭平
    泌尿器科 部長

  • 手術サポート看護師
    植松 真弓
    手術部 看護師

  • 臨床工学技士
    橋本 拓哉
    臨床工学部

  • 泌尿器科担当
    コンソール執刀医師
    藤田 治
    泌尿器科 部長

メッセージ ~MESSAGE~

写真:朝倉 理香

手術サポート看護師

手術部 看護師
朝倉 理香

ダヴィンチチームは確実に、そして安全に前進しています。

2015年7月に前立腺全摘のロボット手術を始動。術後の経過もよく、退院される患者さんの笑顔が私たちのチームの力となっています。
チームの一員として術前訪問に伺い、患者さん一人ひとりにお会いして、少しでも安心して手術に臨んで戴けるようサポートしています。
また、「いかに確実に、いかに安全に」をスローガンにチームで手術に臨んでいます。

戻る

メッセージ ~MESSAGE~

写真:三竿 貴彦

呼吸器外科担当
コンソール執刀医師

呼吸器外科 部長
三竿 貴彦

呼吸器外科専門医 中四国で初めて肺がんに対する完全内視鏡手術を当院に導入した。

ロボット支援手術は繊細な作業を要する肺がん手術に適しています。

呼吸器外科では、先進的に肺がんに対するロボット支援手術を導入します。肺がん手術では血管を剥離する際に大変繊細な作業が必要とされ、リンパ節の郭清においても狭く深いところでの難しい作業となります。ロボット支援手術では、通常の内視鏡手術(胸腔鏡手術)よりも手術操作がやりやすいところが多く、それによって安全性も高まる可能性があります。当院ではロボットを用いた肺がん手術が近い将来、高度先進医療、または保険診療に認定されるまでの期間、臨床研究として胸腔鏡手術に習熟した専門医がロボット支援手術を行います。

戻る

メッセージ ~MESSAGE~

写真:黒瀬 恭平

泌尿器科担当
コンソール執刀医師

泌尿器科 部長
黒瀬 恭平

鏡視下尿路悪性腫瘍手術および尿路再建術の専門医 海外施設で尿路再建術を習熟し、帰国後内視鏡技術認定資格を取得。
悪性腫瘍の鏡視下手術および尿路の再建術を専門とする。

ロボット支援手術は標準治療となりつつあります。

ロボット支援手術はもはや夢の手術ではありません。ロボット技術は今後、外科領域のみならず様々な医療分野に急速に普及していくものと思われます。
ただしロボットはあくまで我々が使用する『道具』です。正しく使用するためには医師としての『修練と技量』が必要となります。患者様により良い医療を提供する責任が我々に医師自身にあることを肝に銘じて、日々の診療・手術に臨んでいます。

戻る

メッセージ ~MESSAGE~

写真:植松 真弓

手術サポート看護師

手術部 看護師
植松 真弓

内視鏡手術支援ロボット『ダヴィンチSi』導入にともなって、手術室看護師も、専門的なトレーニングを受けています。

特に、ロボット手術は特殊な体位で行われますので、通常の手術よりもより安全に配慮し、医師や臨床工学技士とともにチームで協力して、安心して手術が受けられるようにお世話させていただきます。

戻る

メッセージ ~MESSAGE~

写真:橋本 拓哉

臨床工学技士

臨床工学部
橋本 拓哉

ダヴィンチ手術における臨床工学技士の役割!!

ダヴィンチ手術は精密な機械を用いて行うため手術のため、機器の取り扱いには注意しなければいけません。
手術が安全に終わるためにも常日頃から機器のメンテナンスをしっかり行い、手術をサポートしていきたいです。

戻る

患者さんのメリット ~MERIT~

ロボット支援前立腺全摘出術の場合

  • 1.治療成績の向上
  • 2.合併症の軽減
  • 3.機能温存

入院期間が短い、傷の痛みが少ない、日常生活への復帰が早い!といえるでしょう。

医療費について ~MEDICAL EXPENSES~

現在、「ダ・ヴィンチ」を使用した手術のうち、前立腺がんの全摘出手術が保険適用になっています。その他の疾患については、保険適用ではないため自由診療となり、全額自己負担となります。

医療費の目安

例:ダ・ヴィンチによる前立腺がん手術(前立腺全摘出術)10日間の入院で、月をまたがない場合

70歳未満の方
区分 通常の健康保険 高額療養費現物給付制度利用の場合
(ア)年収約1,160万円~の方
健保:標準報酬月額83万円以上
国保:年間所得(※)901万円超
約30万円(3割負担) 約25万円
(イ)年収約770~約1,160万円の方
健保:標準報酬月額53万円以上83万円未満
国保:年間所得600万円超901万円以下
約30万円(3割負担) 約17万円
(ウ)年収約370~約770万円の方
健保:標準報酬月額28万円以上53万円未満
国保:年間所得210万円超600万円以下
約30万円(3割負担) 約9万円
(エ)~年収約370万円の方
健保:標準報酬月額28万円未満
国保:年間所得210万円以下
約30万円(3割負担) 57,600円
(オ)住民税非課税の方 約30万円(3割負担) 35,400円
70歳以上の方
区分 通常の健康保険 高額療養費現物給付制度利用の場合
現役並み所得者 約9万円
一般 44,400円
低所得者II 24,600円
低所得者I 15,000円
  • ※上記区分が不明な場合は、加入されています健康保険の窓口へお問い合わせください。
  • ※高額療養費現物給付制度については入院のご案内ページをご覧ください。
  • ※上記費用に食事料、個室料等自費分は含まれていません。

お問い合わせ ~CONTACT~

Q.ダヴィンチでどんな疾患でも手術できますか?
手術が必要となるすべての疾患で、ダヴィンチによる手術が行えるわけではありません。当院では、現在前立腺がんに対する前立腺摘出術を対象としておりますが、将来的には婦人科、消化器外科、胸部外科などで適応拡大を考えています。
Q.ロボットに手術されると思うと少し不安ですが?
ダヴィンチ手術は、認定資格を取得し、トレーニングを積んだ熟練した技術を持つ医師によって行われる手術です。当院ではさらに独自の厳しい規定を設けており、医師は日々技術を高めていく訓練を重ねています。ロボットは医師の技術支援が役割。ロボットが行う手術ではなく、医師がロボットを利用し、より精度の高い手術を可能としたのが「ダヴィンチ」手術とお考えください。
Q.ダヴィンチ手術を受けるのに年齢制限はありますか?
年齢の制限はありません。高齢の方であっても、一般的な手術に耐えられる状況にある患者さんであれば、ダヴィンチ手術を受けることは問題ありません。「ダヴィンチ」手術は患者さんにとって傷口が小さく、体に優しいので、むしろ開腹手術よりは患者さんの負担は軽くなる傾向にあります。 当院では、担当医師が患者さんと十分に話し合って、術式を決めさせていただいています。
Q.安全性はどうですか?
これまで世界でも「ダヴィンチ」の機械によるシステムエラーの報告はわずか0.2~0.4%と極めて低いものです。当院でもこれまで事故の報告はありません。さらに手術に携わるスタッフは、緊急時にも瞬時に対応できるように訓練を積み、安全管理の徹底が図られています。
Q.ダヴィンチ手術を受けたいのですが、どのようにしたらいいでしょうか?
治療に関する問い合わせは、がん相談支援センターにて対応致します。まずはこちらにお問い合わせください。医療従事者の方の紹介は地域連携室FAXをご利用ください。
  • がん相談支援センター(地域医療連携課内)
    TEL:087-811-3333(内線2204)
    ※ご相談内容によっては、お時間をいただく場合があります。
  • 地域医療連携課
    TEL:087-802-1144 / FAX:087-802-1160
    ※通常の診療依頼FAX予約をお願いします。

お問い合わせ ~CONTACT~

患者さん

がん相談支援センター(地域医療連携課内) TEL:087-811-3333(内線2204)

※ご相談内容によっては、お時間をいただく場合があります。

医療機関の方

地域医療連携課 TEL:087-802-1144、FAX:087-802-1160

※通常の診療依頼FAX予約をお願いします。

診療依頼FAX予約について